BUSINESS

事業案内

石川の街づくりを支える、地域密着型の安定企業。
働きやすさの向上に取り組み、高い定着率を実現。

1952年に創業した豊蔵組は、間もなく70周年を迎える地域密着型の建設会社です。石川県内で数多くの施工実績を持ち、長い歴史のなかで確かな信頼を築いてきました。当社の特徴は、現場管理が中心であること。案件の多くは元請で、建築・土木・工務の各部門には施工管理担当のみを採用し、実作業は協力会社が行なっています。売上の60%は公共事業。庁舎や道の駅、教育機関、港湾、道路など、建築・土木の両分野で多くの施工実績があり、現在に至るまで幅広く受注をいただいています。また、建築部門を中心に民間案件にも注力。一つの事業に依存せず、安定した事業展開を繰り広げています。

そして、これまでの歴史にとどまらず、新たな技術の追求も欠かしません。最近では土木部門を中心にICTを積極的に導入。社長を座長に有望な若手社員とプロジェクトチームを結成し、毎月1回ICTによる改革の可能性を検討しています。ウェアラブルカメラを作業員のヘルメットに取り付け、金沢本社から遠隔地の現場を管理するシステムを導入するなど、様々な取り組みが実を結び、2019年には国土交通大臣賞を受賞しました。

働き方改革にも業界に先んじて取り組み、安心して働ける環境づくりを推進中です。現場には、事務所としてソーラーハウスを設け、所内にはエアコンや冷蔵庫を設置。社員や協力会社の作業員が快適に業務を進められるように配慮しています。ほかにも、ICTの導入をはじめとした業務効率化による残業時間の削減や、年間5日間の計画有給休暇の完全取得など、労働環境の健全化に向けた様々な取り組みを実施。そうした数々の取り組みが実を結び、定着率は高い水準で推移しています。

地元・石川県出身の社員が数多く在籍している豊蔵組では、転勤がありません。確かな安定を感じられるこの場所から、新たな一歩を踏み出してみませんか?

PAGE TOP