VOICES

社員紹介

円滑なコミュニケーションを大切に。
細やかな配慮の積み重ねから業務を進めていく。

土木部 / 2016年入社

中野 貴大

Nakano Takahiro

石川県出身。建設業界を志したきっかけは、ものづくりに面白さを感じたこと。県内の高等専門学校で測量や構造力学などの土木分野を学んだ後、地元の建設業者への就職を希望し、豊蔵組へ入社。休日は同僚や友人との時間を楽しむことが多い。最近では釣りが気になり、始めるタイミングを探している。

私は、主に道路改良工事の現場監督を務めています。役割は、現場作業を務める協力会社の職人さんへの指示出し、施工品質や安全の管理、出来形検査、書類作成など、施工管理に関わる各業務です。現場は通常10~15名ほどが動いているため、円滑なコミュニケーションを意識して仕事を進めています。私は経験が浅く、まだまだ分からないことがたくさんあります。そのため、現場で一緒に働く経験豊富な先輩に相談しながら経験を重ね、業務への理解を深める毎日です。

業務で大切にしていることは、やはり安全の確保です。些細なミスが大きな事故に繋がりかねないので、十分な事前準備や確かな段取りを意識しています。また、作業時の安全を守るためには職人さんとの協力体制が必要です。職人の方は年齢が離れた方も数多くいらっしゃるので、丁寧にお願いする姿勢を大切にすることで良好な関係を築けるよう、心がけています。

建設業というと、いわゆる“3K”のイメージがありますが、豊蔵組では現場環境の整備やICTなどの新技術を導入することで、働く環境が大きく改善されてきました。建設業に少しでも興味を持たれている方は、ぜひチャレンジしていただければと思います。

多彩な案件に携われることが魅力。
新たな現場との出会いが貴重な経験に。

建築部 / 2015年入社

吉田 成

Yoshida Naru

石川県出身。県内の高等専門学校で建築を学ぶ。建築業界を志したきっかけは、大工として働いていた祖父の姿を見て幼心に「かっこいい」と感じたこと。就職活動では多彩な案件に携われる建設業界の企業を志望し、地元・石川に密着した豊蔵組へ入社を決める。趣味は小学校1年生から続けているテニス。

私が豊蔵組に魅力を感じている点は、多種多様な案件に携われることです。これまで、オフィスや工場、教育施設、道の駅などの案件を経験し、現在はし尿処理施設の施工管理を担当しています。一見、同じように見える施設も特徴が異なりますし、各案件で新しい取り組みができることは嬉しいです。

様々な建物を見れることは本当に楽しく、この仕事は最高だと思いますね。その一方では、同じやり方が通用しないとも言えます。難しさを感じることも少なくありません。そんな時には、経験豊富な先輩や現場のスペシャリストとして活躍する職人さんに質問しながら、知識を身につけられるように取り組んでいます。

今後は、チャンスがあれば木造の建築にも携わりたいです。これまで、コンクリートや鉄骨の建物には携わりましたが、木造はまだ経験がありません。各地で木造による大型のオフィスビルが建設される動きもありますし、私自身も新たな経験を積んでいきたいです。豊蔵組は、石川県内で幅広く案件を受注しています。地元の建築系企業を志望されている方、たくさんの経験を積みたい方は、ぜひ一緒に働けたら嬉しいです。

施工管理のスペシャリストを目指して。
高いモチベーションで資格取得に挑戦中。

工務部 / 2016年入社

工藤 康平

Kudo Kohei

石川県出身。実家が家具店ということも手伝い、小さな頃から住宅や内装に興味を持つ。高校では建築科にて、建築の基礎を幅広く学んだ。豊蔵組に入社したきっかけは、社内で行なった一週間のインターンシップ。実際に作業に取り組むなかで、当社の雰囲気の良さを感じたことが決め手に。趣味は音楽鑑賞やアウトドア。

工務部では、一次下請けとして躯体工事や仮設工事を主に行なっています。私はこれまで、店舗や工場、学校などの案件に施工管理として携わってきました。案件のなかには、一部のみ対応する工事もあり、複数の案件を同時に担当することが工務部における施工管理の特徴です。

私が今、目標としているのは1級建築施工管理技士資格の取得です。“施工管理のスペシャリスト”とも言えるこの資格を取得できれば「監理技術者」を務められ、担当できる現場の種類が広がります。これまで携わった案件では、街の方々が利用する施設の工事で特にやりがいを感じていました。将来的には、より多くの方々が利用する大きな施設の案件に携わっていきたいです。当社には資格取得補助制度や資格手当があるので、モチベーションを持って学習を進めたいですね。

就職活動の際には、ぜひインターンシップに参加してほしいと思います。私は豊蔵組のインターンシップに参加し、自分と近い世代の方が活躍している姿や社員と職人さんの良好な関係を知り「この会社なら、安心して働けそうだ」と、当社への応募を決めました。毎日働く場所だからこそ、より現場の近くで雰囲気を体感してください。

女性が活躍できる環境づくりを推進。
ライフイベントを迎えながら、長く働ける。

建築企画部 / 1993年入社

中田 倫子

Nakata Noriko

石川県出身。高校では普通科で学び、専門学校で建築士を志した。そのきっかけは、街でとある建設現場を見た時のワンシーン。キビキビと作業を進める大工と的確な指示を出す設計士の姿に心を打たれ、「自分もこの世界で活躍したい」と建築の道を歩むことに。

私が所属する建築企画部には設計士と積算担当がおり、建築部や営業部と連携しながら自社で発注いただいた案件に対応しています。

ここ数年の建設業界の流れではありますが、女性が活躍できる環境が豊蔵組にも整ってきました。当社でも女性の採用を積極的に進めており、現在は10名近くの女性社員が活躍中です。現場では、女性用の更衣室やトイレを完備。建設・土木の両部門では、20代の女性社員たちが各現場にて施工管理を務めています。2021年には女性の営業社員が入社し、よりスムーズにコミュニケーションがとれるようになりました。また、当社は産前産後休暇や育児休暇、介護休暇も整備され、結婚や出産、育児、介護などのライフイベントを迎えながら長く働ける環境です。実際に、産休と育休を合わせて1年間取得した後に職場復帰し、時短勤務で活躍している女性社員もいます。

まだまだ現場に女性は少ないですが、その点を臆せずにチャレンジできる方はどんどん成長できます。「形に残る仕事がしたい」と思う方は、ぜひ建設業界も候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP